今週紹介する新ブランドは12月22日(金)に『さいらぶ!』をリリースするたちかわソフトウェア。若いスタッフが中心となって、自分たちが面白いと考える作品作りに挑戦する、気鋭のブランドだ。設立の経緯からデビュー作の見どころまで、代表・井ノ上悠馬氏のコメントを交えて紹介する。

さいらぶ!

発売日:12月22日  ジャンル:最強無敗の恋愛コメディAVG
原画:そらモチ  シナリオ:なかひろ、井ノ上悠馬


最強カップルを演じきることはできるのか?

学園きっての秀才で完璧超人な主人公・王子谷桜は『恋愛』が苦手。それは「恋愛恐怖症」とも言えるほどなのだが、彼のもとには、連日のように女子生徒からの告白が舞い込んでくる。そんなある日、容姿端麗、成績優秀、品行方正なクラスメイト・姫川蒼葉が桜に提案を持ちかけてくる。「恋に価値を見いだしていない」彼女は、頻繁に告白されることにうんざりしており、同じように告白で悩んでいる桜のことを知り、仮初めの恋人として振る舞うという『カップル契約』を持ち掛けるのだった。ふたりは契約を結び、最強のカップルに見せかけようとするが、果たして、学校の誰もが理想とする最強カップルを演じきることはできるのか――?

自分たちが好きな作風を目指す


―――12月22日(金)に『さいらぶ!』をリリースする新ブランド・たちかわソフトウェア。ブランド設立の経緯について代表の井ノ上氏に語っていただいた。

「以前は違うブランドに所属していたんですが、自分はこのままここにいてもいいのか、とか、色々と悩んでいまして。そんなときに「ウチでブランドやらないか」って声をかけられたのがきっかけですね。特筆すべき実績もなかったんで、正直「え? 正気ですか?」とも思いましたけど、このままウジウジ悩んでいるよりは断然いいかとお受けして、設立に至りました。「代表になった」と友人に伝えると、起業したみたいに捉えられるんですが、そういうことではないです(笑)」

―――

たちかわソフトウェアは若いスタッフが集まって設立。制作するゲーム内容も「自分たちが普段から楽しんでいるジャンルや作風」を狙っていく、とのこと。シナリオをなかひろ氏(近年ではfengの『彼女のセイイキ』シリーズを担当)に依頼したのも、その意図が含まれている。

『さいらぶ!』の物語では、恋愛に否定的な立場の主人公とヒロインが徐々に惹かれていき、次第にその考え方にも変化が表れる。その変化や、まったく知らない恋愛というものに対する初々しさが描かれていく。

「デビュータイトルとなる『さいらぶ!』は、初恋ならではの初々しさを、恋愛に否定的なキャラクターたちによって描きます。メインライターのなかひろさんは心の機微を描くのがうまい方なので、最初は「恋なんて」と考えていた主人公やヒロインの変化も楽しんで頂ければと思います」

―――なお、オフィシャルweb通販では、本編にはない「姉妹といちゃらぶ」できる特別シナリオが特典に用意されている。

「ヒロイン蒼葉とその妹・朱乃のふたりといちゃらぶえっちしまくる話です。『さいらぶ!』が低価格タイトルなこともあり、店舗特典っていうのは難しい中で、せめてオフィシャル通販でなにか作れないかなーと思って制作しました。本編中には(ヒロイン2人と、という)そのようなシチュはないので、苦手な人は他の店舗様にてお買い上げくださるといいかと思います」