5月18日に萌えゲーアワード2016の各賞が発表されてから2か月近くが経過する。もともと「美少女ゲームの販促アプローチ」という意味も持つ萌えゲーアワードだけに、発表された受賞作が販売店等でどのように扱われているかというのは、重要な情報であるはずだ。しかしながら、それについて明確な報告がなされた例は少ない。そこでGAME HEADLINE編集部では、本紙ランキングなどにご協力をいただいているトレーダー、シーガル長町店、パソコンショップMKの3店舗に取材。萌えゲーアワードへの要望を含めて、意見を伺った。


 DL販売サイトとして萌えゲーアワードへの取り組みを広げるDMM

美少女ゲームのDL販売大手として活動するDMMは、萌えゲーアワード受賞作品に対しても、毎年積極的な展開を行なっている。「萌えゲーアワード作品は毎年特設ページで大々的にピックアップを行っています」とはDMMのパッケージ営業/企画部の担当氏。
 
「美少女ゲームフロアはもちろん、DMM.R18の総合TOPページにも萌えゲーアワード作品につながるバナーを設置するなど、多数のユーザー様の目に触れるよう、展開しております。また、萌えゲーアワード作品には、商品名の後ろに【萌えゲーアワード2017 ××賞 受賞】と表記されるので、DMMのサイトで初めてその作品を見た方にも、高い評価を受けた作品であることがひと目でわかります」
 
もちろん受賞作品の扱い方にも、DL販売ならではの取り組みがある。
 
「萌えゲーアワード作品は、年間を通して長~く売れ続けるという特徴がありますので、引き続きサイト内でのプッシュを行っていきたいと思います。また今後、受賞作品の続編や、関連作品、Android版などを出すブランド様も多いかと思いますので、そのタイミングに合わせて、何かしらお手伝いできましたら幸いです」
 
実際にDMMでもAndroid版の展開を行なっているが、パッケージ発売以降の展開に即応しやすいというのもDL販売ならでは。そのアドバンテージを有効活用するのも、DMMらしい展開といえるだろう。さらにDMMでは、一歩踏み込んで、「萌えゲーアワードDMM賞」というものを設定している。萌えゲーアワード2016では『オトメ*ドメイン』(ぱれっとクオリア)、『ノラと皇女と野良猫ハート』(HARUKAZE)、『働くオトナの恋愛事情』(あかべぇそふとすりぃ)が受賞した。
 
「(DMM賞は)DMMで売上上位の作品の中で、特にユーザー様からの評価が高かった作品」とのこと。DLのユーザー支持賞ともいえるのかもしれない。
 
最後に萌えゲーアワードへの今後の要望として、次のような意見をいただいた。
「ユーザーがプレイして「この作品いい!!みんなやってみて!!」というのをどんどんPRできる場になってほしいなと思います。ユーザー投票という今の形もその一つだと思いますし、ユーザーの熱い推しコメントを反映させるのとかも面白いかなと思います。美少女ゲームユーザーから美少女ゲーム初めての人にまで、質の高い作品の魅力を伝播させていく役割を、ぜひ担っていただきたいです!」
 
ユーザーの意見が発信と新規ユーザーへの波及。図らずも意見は販売店のものと同様なものとなった。つまりこの二つこそ、今後の萌えゲーアワードに求められるものということなのだろう。
 

 受賞作を積極的にキャンペーンでアピール ゲーム性を評価する賞への期待も

DL販売大手のDLsite.comは今回の萌えゲーアワードをどのようにみているのだろう。担当氏は以下のようにコメントする。
 
「販売やユーザー評価の高いもの、話題になったタイトルが順当に受賞されていると感じました。新規または比較的新しいブランド様から、老舗のブランド様まで、各賞満遍なく受賞されていると見受けられましたし、2016年のPCゲーム業界をシチュエーションごとに見て取れる指標的なラインナップであると感じました」
 
その受賞作品を受け、DLsite.comでは「萌えゲーアワード2016 受賞記念キャンペーン」を開催。ユーザーへアピールした。
 
「受賞作品発表の5月19日から6月2日へかけまして開催させて頂きました。キャンペーン中はDLsite.comにてセンターバナーから対象作品への導線を貼る等、露出を強化し注目度アップを図りました。また、歴代の萌えゲーアワード受賞作品を展開する際は、受賞ロゴを掲載する等、ユーザーへ向けて受賞作品である事をアピールできればと思っております」
 
こうした取り組みを積極的かつ即応的に行えるものDL販売サイトならではの強み。もちろん今後も、萌えゲーアワードとの連動は積極的に考えられている。
 
「受賞作品をダウンロード販売展開する事により、シチュエーション毎に優良な作品をユーザーにアピールできるかと思っています。同人フロア・電子書籍フロアをメインでご利用頂いているDLsite.comユーザーへも、新作PCゲームに触れる切欠やタイトルを選ぶ楽しみの指標になるかと思います」
 
以上の展開を踏まえ、DLsite.comは今後の萌えゲーアワードについて、これまで設定されていた賞についての復活への期待も込めて、以下のようにコメントしてくれた。
 
「DLsite.comではファンタジー系・RPG系・ゲーム性の高い作品が大変人気でありますので、その様な賞カテゴリがございましたら、販促面も含めまして、ダウンロード販売を利用しているユーザーへ大きくアピールできるかと思います」