サイト毎に異なる傾向を見せるダウンロードランキング。DMM.com、DLsite.com、Gyuttoの三社に協力してもらいランキングデータを提供、上位に入った理由や各サイトごとの傾向について担当者に伺い、まとめていく。




追加コンテンツの有用性 追加コンテンツの有用性 追加コンテンツの有用性

1位 ハニーセレクト+活発パック イリュージョン
2位 天結いキャッスルマイスター 通常版 エウシュリー
3位 光翼戦姫エクスティアA Lusterise
4位 このままだと弟がテクノブレイクで死んじゃうから子作り! アトリエかぐや
5位 えろゼミ ?エッチにヤルきにABC? アトリエかぐや
6位 あけいろ怪奇譚 シルキーズプラス WASABI
7位 ハニーセレクト イリュージョン
8位 カスタムメイド3D2 KISS
9位 オトメ*ドメイン ぱれっとクオリア
10位 課外授業 -私立白麗女子学園- BISHOP
三カ月連続トップの『ハニーセレクト+活発パック』。追加コンテンツが発売されたこともプラスとなった。
DMM.comのトップは三カ月連続で『ハニーセレクト+活発パック』(イリュージョン)となった。
「先月もお話しましたけど、イリュージョンさんの作品は毎回ランキング上位に残り続けます。今回は4月末に発売された『ハニーセレクト ~パーティー~』の影響もあって、さらに勢いを増している印象ですね」(DMM.com・鈴木氏 以下「」内はおなじ)
 
2位にはエウシュリーの『天結いキャッスルマイスター』
「先月は予約集計が4位に入っていましたね。本作は、予約期間と発売日以降で別集計なのですが、予約であれだけの数を集めながら、5月末発売以降の数字でこの順位に入ってきたのは流石だと思います」
 
3位『光翼戦姫エクスティアA』(Lusterise)は独特の仕掛けが販売本数に繋がった。
「発売前に本作の外伝的なタイトルを2本、発売後にも1本と、低価格帯でコンパクトな商品リリースされています。継続的に商品の名前を露出させたことも、今回の好セールに繋がっているのではないでしょうか」
ずっとランキングに入っている『カスタムメイド3D2』(KISS)等もそうだが、「アペンドデータ的なコンテンツが定期的にあると販売数が伸びやすい」と鈴木氏は指摘する。
「『光翼戦姫エクスティアA』のようなやり方も効果的だと思います。今後は一つの作品を色んな形で露出させる展開が増えることを期待したいですね」
 
なお6位『あけいろ怪奇譚』(シルキーズプラス WASABI)、9位『オトメ*ドメイン』(ぱれっとクオリア)、さらに11位以降にも先日発表された“萌えゲーアワード2016”のタイトルが並ぶ。キャンペーン終日前の6月1日にはセールスが大きく伸びた、とのことだ。
 



エウシュリーが存在感示す エウシュリーが存在感示す エウシュリーが存在感示す

1位 天結いキャッスルマイスターDL版 エウシュリー
2位 カスタムメイド3D2 Kiss
3位 麗佳Final ~獣悦の記憶~ Drei
4位 課外授業 -私立白麗女子学園- BISHOP
5位 呪いの魔剣に闇憑き乙女 ソフトハウスキャラ
6位 ようこそ!スケベエルフの森へ ルネ
7位 魔法少女ミハル 第1章 触手VR輪姦編 ZION
8位 魔法少女ミハル 最終章 魔法少女W悪堕ち編 ZION
9位 魔法少女ミハル 第2章 巨大植物蟲姦編 ZION
10位 パコマネ わたし、今日から名門野球部の性処理係になります… Frill
同ブランドでは初のパッケージと同日発売となった『天結いキャッスルマイスター』。各サイトとも人気を集めている。
DLsite.comの5月トップは『天結いキャッスルマイスター』(エウシュリー)
「昨年12月から開始した予約の動きも良かったですし、発売と同時に大変よく動きました。人気シリーズでもありますし、本作はメーカーさんも気合入れていた印象もあって、どのサイトでも良く売れているな、という印象があります。発売後のユーザーの評判も好調ですし、これからも継続して伸びていくと思います」
 
2位には常連の『カスタムメイド3D2』(kiss)がランクアップ。また3位『麗佳Final ~獣悦の記憶~』(Drei)は先月4位からのランクアップだ。
「Dreiさんの獣モノは弊社でもずっと人気があって、その新作にふさわしい動きだと思います。4月発売でしたが、5月に入っても勢いはキープしていますね」
 
5位『呪いの魔剣に闇憑き乙女』(ソフトハウスキャラ)は三カ月連続ランクイン。
「過去作と比べても、一番売れていますね。メーカーさんがより面白いものを、と制作した結果なのかなと感じています」
 
7~9位に並ぶ『魔法少女ミハル』(ZION)は、低価格でコンパクトな商品を展開する、ブランニューストアの新作。
「3週にわたって毎週2本ずつ新作をリリースしました。シリーズとしての繋がりはありますがシチュエーションごとに話が分かれているので、好みに合わせて購入しやすくなっています。全て揃えるとお得になる購入特典がある等の仕掛けを組み込めるのも、ブランニューストアの強みですね」
 

人気ブランドが上位キープ 人気ブランドが上位キープ 人気ブランドが上位キープ

1位 いけない子作り4~生意気な姉貴が実は俺のザーメンが大好きだった!?~ エロイット
2位 LOVEトレ ~エッチな恋愛トレーニング~ アトリエかぐや
3位 課外授業-私立白麗女子学園- BISHOP
4位 白衣の天使はお世話好き! ~ラブラブエッチな入院生活~ CandySoft
5位 てにおはっ!~女の子だってホントはえっちだよ?~ root nuko
6位 父娘愛(おやこあい) ~いけない子作り2~ エロイット
7位 イケナイ子作り3 ~息子の恋人が魅力的で困ってます~ エロイット
8位 いけない子作り エロイット
9位 パコマネ わたし、今日から名門野球部の性処理係になります… Frill
10位 爆乳人妻戦士ピュア・メイデン Norn/Miel/Cybele
二か月連続トップの『いけない子作り4』。人気ブランドだが、キャンペーンによって新規ユーザーがさらに増えた模様。
Gyuttoの5月ランキングは、先月に引き続き『いけない子作り4~生意気な姉貴が実は俺のザーメンが大好きだった!?~』(エロイット)がトップとなった。
「人気ブランドの新作がパッケージと同発ということで4月の数日の集計にも関わらずトップ、その勢いを5月もキープし続けていた印象です」(Gyutto・高橋氏、以下「」内すべて)
 
加えてシリーズタイトルが6位『父娘愛(おやこあい) ~いけない子作り2~ 』、7位『イケナイ子作り3 ~息子の恋人が魅力的で困ってます~ 』、8位『いけない子作り』と並んでいるのも5月ランキングの特徴だ。
「新作の発売に合わせて過去作のキャンペーンを行いました。興味深いのは4月ではあまり旧作の動きが目立たなかったこと。これは推測なのですが、新作を4月にプレイし、興味を持った新規ユーザーが5月に入って過去作に手を出したのかなと。この3作は販売本数も同じような数字が並んでいますよ」
 
2位にはアトリエかぐやの『LOVEトレ ~エッチな恋愛トレーニング~』、3位にはBISHOPの『課外授業-私立白麗女子学園-』とダウンロードランキングでは定番ブランドが並ぶ。また、4~5位はGWキャンペーンのタイトルだ。
「2位の作品そうですし、『白衣の天使はお世話好き! ~ラブラブエッチな入院生活~』『てにおはっ!~女の子だってホントはえっちだよ?~』もそうですが、初めてセール対象になると数字は一気に伸びますね」